ニュース一覧

ハロゲン化合物の分析

研究

専門分析機関への依頼方法

樹脂製品や電子機器・電気機器には、燃えにくくする目的で難燃剤と呼ばれる物質が含まれている例が多いものです。そうした難燃剤には塩素などのハロゲン元素が使用されており、火災や廃棄物処理で燃焼した際にダイオキシンなどの有害物質発生が懸念されます。ハロゲン元素には塩素の他にフッ素・臭素・ヨウ素があり、いずれの原子も最も外側を回る電子が7個となっているため電子を捕捉しやすいのが特徴です。現在では環境汚染を防ぐ目的で、それらの元素が含まれたハロゲン化合物を極力減らそうとするハロゲンフリーの動きが国際的に広がっています。国際規格や国内の規格でも塩素と臭素は900ppm以下に定義されており、規格に適合させるためには自社製品の製造・出荷に際してこの基準値以下に収めなければなりません。そうした数値を測定するハロゲン分析には、燃焼分解ユニットやイオンクロマトグラフといった特殊な分析機器が必要です。ハロゲン分析は専門の化学物質分析機関に依頼するのが一般的となっており、インターネットで検索すれば対応している分析機関が見つかります。ハロゲン分析を専門機関に依頼する方法には、電話やFAXで問い合わせる方法の他にもメールフォームを使った申込方法があります。分析機関のホームページ上に設置された問い合わせフォームに必要事項を入力して送信するだけで、料金の見積りも実施してもらえるのです。インターネットを上手に活用すれば複数の研究機関から手軽に見積りを取れますので、料金の比較などもしやすくなります。見積り金額に納得できたら正式申込を経て被検材料を送付し、分析結果が報告されるのを待ちます。最近はハロゲン分析にも石英燃焼管法や酸素フラスコ燃焼法など、精度の高い試験方法が採用されるようになりました。高精度のハロゲン分析によって自社製品に含まれるハロゲン化合物の量が正確に判明し、安心して製品を出荷できるようになるのです。

PICK UP

婦人

バーチャル顕微鏡の種類

バーチャル顕微鏡とも呼ばれるマイクロスコープのうち、デジタル顕微鏡は光学顕微鏡の画像をモニタで観察できるようにしたものです。光学顕微鏡と電動ステージを組み合わせた遠隔顕微鏡もマイクロスコープの一種です。スライドガラス全体をデジタル画像として保存し、モニタで観察するバーチャルスライドも進化しています。

女の人

対象物にマッチした機械を

microscopeは、有名メーカーの製品は学校や研究所などでも使われており信頼性が高いです。ノーブランドの製品ですとメーカー品よりもリーズナブルな価格で高品質なmicroscopeもあるのでぜひ検討してください。

研究

ハロゲン化合物の分析

塩素・フッ素・臭素・ヨウ素はハロゲン元素と呼ばれ、難燃剤材料として樹脂や電子材料等に使われています。燃焼時の有毒ガス発生と環境汚染を防止して国際・国内規格に適合させるには、専門機関でのハロゲン分析が必要です。問い合わせと見積りや申込をインターネットで受け付けているハロゲン分析機関も増えています。

実験道具

歯医者さんの味方

マイクロスコープは脳神経外科等の精度が重要な医療現場で多く普及されています。歯科でも緻密な施術は必要ですが肉眼では限界があります。その為、マイクロスコープは歯科でも使用されるようになり、多くの歯医者が導入しています。