ニュース一覧

環境に配慮する

女性

電気機器の製造に使う

古代の時代にはすでに、電気に関しての記述が残されておりますが、実際に電気機器が製造されたのは18世紀になってからのことです。さらに庶民の生活用品として普及するのは、20世紀に入ってからのことになります。しかし今では大多数の人が、電気機器がなくては日常生活が営めなくなるほど定着しました。電気機器が現在突然なくなってしまったら、どうなってしまうのかと想像することもできません。この人の生活を便利にしてくれる電気機器を製造する際に、難燃剤として使われてきたのが臭素やフッ素と塩素そしてヨウ素といったハロゲン元素です。このハロゲン元素を廃棄や焼却する時に、焼却条件によっては発生するのが、ダイオキシンという有機化合物になります。ダイオキシンという言葉は、一時期テレビや新聞でも取りざたされています通り、環境に悪影響を及ぼす物質です。一般家庭のごみからも焼却条件によっては、ダイオキシンが発生されるということで各自治体が焼却炉や電気炉などの改善を図りました。このダイオキシンに対しての関心は、海外でも高く国際規格でハロゲンフリーを証明するためのハロゲン分析が普及しています。海外との輸入や輸出といった取引が多い日本でも、このハロゲン分析に対する意識が高まっているのです。社団法人日本電子回路工業会では、製品や素材にできるだけ含有しないか定められた量に抑えることをハロゲンフリーと呼んでいます。ハロゲン分析に使う試料量は、確認のために数回行うため5グラム程度が必要です。試料を酸素やアルゴンを導入した石英製燃焼管で加熱した後で、イオンクロマト測定にてハロゲン分析をおこないます。

PICK UP

婦人

バーチャル顕微鏡の種類

バーチャル顕微鏡とも呼ばれるマイクロスコープのうち、デジタル顕微鏡は光学顕微鏡の画像をモニタで観察できるようにしたものです。光学顕微鏡と電動ステージを組み合わせた遠隔顕微鏡もマイクロスコープの一種です。スライドガラス全体をデジタル画像として保存し、モニタで観察するバーチャルスライドも進化しています。

女の人

対象物にマッチした機械を

microscopeは、有名メーカーの製品は学校や研究所などでも使われており信頼性が高いです。ノーブランドの製品ですとメーカー品よりもリーズナブルな価格で高品質なmicroscopeもあるのでぜひ検討してください。

研究

ハロゲン化合物の分析

塩素・フッ素・臭素・ヨウ素はハロゲン元素と呼ばれ、難燃剤材料として樹脂や電子材料等に使われています。燃焼時の有毒ガス発生と環境汚染を防止して国際・国内規格に適合させるには、専門機関でのハロゲン分析が必要です。問い合わせと見積りや申込をインターネットで受け付けているハロゲン分析機関も増えています。

実験道具

歯科医療でも大活躍

マイクロスコープは脳神経外科等の精度が重要な医療現場で多く普及されています。歯科でも緻密な施術は必要ですが肉眼では限界があります。その為、マイクロスコープは歯科でも使用されるようになり、多くの歯医者が導入しています。