ニュース一覧

様々な分野で活用される

顕微鏡

精密治療で差別化を

現在、医療分野などで活躍している皆さんは、マイクロスコープという顕微鏡をご存知ですか。マイクロスコープは、皆さんも科学などの授業で使われたことがある、光学顕微鏡の一種です。しかし、マイクロスコープの場合は一般的な顕微鏡と違い、観察方法に大きな違いがあります。一般的な光学顕微鏡は、肉眼で観察する事ができますがマイクロスコープでは主に、カメラを通してモニターで観察するタイプの顕微鏡のことです。肉眼で見るタイプの顕微鏡は実体顕微鏡とも呼ばれていますが、このような顕微鏡では観察できる倍率は、30倍程度までとなっています。しかし、マイクロスコープの場合は倍率が数十倍〜数百倍と、桁違いの性能を発揮する事が可能な顕微鏡です。このため、マイクロスコープは様々な産業で使用されており、たとえば医療分野で活用されていたり犯罪捜査でも使用されています。医療分野では歯科などで普及が進んでおり、従来の歯科治療ではレントゲン画像などをもとにして、医師の経験や勘を頼りに肉眼で治療が行われていました。でも、マイクロスコープを活用する事により、今まででは不可能だった精密治療ができるようになるなど、医療分野で存在感を発揮している機器です。現在、歯科医院でマイクロスコープが設置されているのは、まだ数パーセント程度と低いですが、今後、普及が進んでいくものと予想されています。歯科医院を経営されている方や、これから開業を考えている方は、マイクロスコープ治療も視野に入れて、他院との差別化を図ってはいかがでしょう。

PICK UP

婦人

バーチャル顕微鏡の種類

バーチャル顕微鏡とも呼ばれるマイクロスコープのうち、デジタル顕微鏡は光学顕微鏡の画像をモニタで観察できるようにしたものです。光学顕微鏡と電動ステージを組み合わせた遠隔顕微鏡もマイクロスコープの一種です。スライドガラス全体をデジタル画像として保存し、モニタで観察するバーチャルスライドも進化しています。

女の人

対象物にマッチした機械を

microscopeは、有名メーカーの製品は学校や研究所などでも使われており信頼性が高いです。ノーブランドの製品ですとメーカー品よりもリーズナブルな価格で高品質なmicroscopeもあるのでぜひ検討してください。

研究

ハロゲン化合物の分析

塩素・フッ素・臭素・ヨウ素はハロゲン元素と呼ばれ、難燃剤材料として樹脂や電子材料等に使われています。燃焼時の有毒ガス発生と環境汚染を防止して国際・国内規格に適合させるには、専門機関でのハロゲン分析が必要です。問い合わせと見積りや申込をインターネットで受け付けているハロゲン分析機関も増えています。

実験道具

歯科医療でも大活躍

マイクロスコープは脳神経外科等の精度が重要な医療現場で多く普及されています。歯科でも緻密な施術は必要ですが肉眼では限界があります。その為、マイクロスコープは歯科でも使用されるようになり、多くの歯医者が導入しています。