ニュース一覧

対象物にマッチした機械を

女の人

技術力の高い機材

microscopeは、肉眼では見えない微細なものを拡大し観察することができる機材のことを示し、一般的には顕微鏡とよばれています。microscopeにも様々な種類があり、光によって拡大鏡を作る光学顕微鏡や、電子の力を利用する電子顕微鏡などがあります。一般的なmicroscopeであれば50,000円も出せば手に入れることができます。しかし、観察する対象物により重視する性能や大きさなども異なることから、購入価格も変動します。主に学校や研究所で使用されているmicroscopeは、大手メーカーの製品である場合が多いです。それは信頼性が高く、高機能な顕微鏡だからであり、多くの人から支持をされています。またメーカー等を問わなければ、日本国内外のメーカーからmicroscopeを購入することが可能です。高品質かつ製品の幅が広いメーカーの商品を選ぶことで、自社に合うものを見つけることができます。一方で海外のメーカー品は、ネームバリューはなくても、有名メーカーと同じ工場で作られる顕微鏡もあります。メーカー品と同じ認証された工場で作られていますので、高品質で信頼できる製品を購入することができるのです。さらに高性能なマイクロスコープですと、200,000円前後が一般的な価格になります。価格も大事ですが機能性をしっかりと確認した上で、自社の業務に最適なmicroscopeを選ぶようにしましょう。また、どのようなmicroscopeがあるか選ぶときはネット販売を利用するのがおすすめです。Microscopeは専門店などでしか手に入らないことが多いので、なかなか商品を見に行くことが難しいです。しかし、ネット販売であれば気軽に商品をチェックできるのでおすすめなのです。

PICK UP

婦人

バーチャル顕微鏡の種類

バーチャル顕微鏡とも呼ばれるマイクロスコープのうち、デジタル顕微鏡は光学顕微鏡の画像をモニタで観察できるようにしたものです。光学顕微鏡と電動ステージを組み合わせた遠隔顕微鏡もマイクロスコープの一種です。スライドガラス全体をデジタル画像として保存し、モニタで観察するバーチャルスライドも進化しています。

女の人

対象物にマッチした機械を

microscopeは、有名メーカーの製品は学校や研究所などでも使われており信頼性が高いです。ノーブランドの製品ですとメーカー品よりもリーズナブルな価格で高品質なmicroscopeもあるのでぜひ検討してください。

研究

ハロゲン化合物の分析

塩素・フッ素・臭素・ヨウ素はハロゲン元素と呼ばれ、難燃剤材料として樹脂や電子材料等に使われています。燃焼時の有毒ガス発生と環境汚染を防止して国際・国内規格に適合させるには、専門機関でのハロゲン分析が必要です。問い合わせと見積りや申込をインターネットで受け付けているハロゲン分析機関も増えています。

実験道具

歯医者さんの味方

マイクロスコープは脳神経外科等の精度が重要な医療現場で多く普及されています。歯科でも緻密な施術は必要ですが肉眼では限界があります。その為、マイクロスコープは歯科でも使用されるようになり、多くの歯医者が導入しています。